<大江戸妖怪かわら版>漫画あらすじ|妖怪×江戸生活の日常系ファンタジー【無料試し読み】

1
大江戸妖怪かわら版
作者:香月日輪/高橋愛


>>【電子コミック】大江戸妖怪かわら版|漫画配信サイトはコチラ!<<
*配信サイト案内ページにとびます

あなたの住んでいる世界は唯一無二の世界だと思っていませんか?

実は他にも世界が存在していて、そこにはあなたの世界とは全く別の生き物たちが暮らしている。

そこから時々、住人が遊びに来ていて幽霊や宇宙人として目撃されている…。

これは想像でしかありませんが、絶対に有りえないとは限りません。

今、この世界で生きているのが辛いと感じていたら別の世界で生きていく道がある。

そう考えると少し、ロマンがあると思いませんか?

舞台は大江戸、と言っても将軍様が統治して侍が歩く江戸時代ではありません。

魔都大江戸は異形の者たちが暮らす街、妖怪都市なのです。

見た目は奇怪でも中身はごく普通、人間とそう変わりはありません。

だから大江戸の生活は人間の江戸時代とよく似ているのです。

そんな街でかわら版屋の記者として働く雀という男がいました。

彼だけはこの世界でおそらく、唯一の人間!?

なぜ雀は魔都大江戸にきて、そしてかわら版屋になってのでしょうか…。

元々は人間界で暮らしていた雀ですが、今ではすっかりこちらの生活に慣れっこ。

周囲からも慕われ、事件があれば友人の桜丸と共に空を駆け回り取材をするのです。

彼のかわら版は人々から大人気!

あっという間に売り切れた時こそ、雀が最高にうれしい時。

次回作への活力につながっていくのでした。

生活の様子や言葉づかいはまるで江戸時代、でもそこに暮らす者が違えば起こる事件も一味違います。

火事だって家が燃えたくらいの規模ではありません。

炎蛇とよばれる体が火で出来た大蛇が暴れれば、その始末に出向くのは水神の火消したち。

さらには翼を付けた空火消しもあらわれ、ダイナミックな消火が行われるのです。

見るものすべてが初めての世界で雀は苦労しつつも楽しく毎日を生きていきます。

「大江戸妖怪かわら版」 は彼の生きざまを通して大江戸の生活をのぞき見できるファンタジーストーリー。

不思議な世界のとびらを一緒にあけてみませんか?

>>【電子コミック】大江戸妖怪かわら版|漫画配信サイトはコチラ!<<
*配信サイト案内ページにとびます

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

↓応援クリック感謝です!↓

オススメ人気記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM