<名前も呼ばないあのひとと>漫画あらすじ|信頼していた、それはあなただけなのかもしれません【無料試し読み】

1
名前も呼ばないあのひとと
作者:山本巳未


>>【電子コミック】名前も呼ばないあのひとと|漫画配信サイトはコチラ!<<
*配信サイト案内ページにとびます

人との関係は大人になればなるほど、とても薄っぺらいものになっていきます。

普段から親しく話している人だって下の名前を知らない、なんてことはありませんか?

あなたが考えているほど、その人との関係は深くはないのです。

だから、あまり深入りしないほうが得策かも。

気が付くとドロ沼に足を踏み入れてしまっているかもしれないから…。

神子えりは親友の結婚式によばれ、受付も任されうれしい気持ちでいっぱい。

ところが、参加してみるとアレってことばかりで。

頼まれて貸した写真はえりの顔が切られているし、テーブル席は知らない人と一緒。

その人たちに話を聞くと、どうやら皆も同じような状況!?

その人たち、実は新郎新婦の元カレ元カノ。

ただの人数合わせで呼ばれたメンツが一つのテーブルに集められていたようで。

ショックを受けたえりですが、この機会に4人で飲み友達になりませんかと提案してみたのです。

それから5年、月一度の飲み会は彼女のライフワークになりました。

初対面からここまで関係が続くって中々めずらしいこと。

これからもずーっとよい関係が続いていく、そう思っていたのですが…。

四人の関係は結婚式によばれただけではなく、名前にも関係がありました。

えりは神子(かなこ)、他の三人はそうた、いくみ、えいじと名字がそれぞれ名前のようにきこえるのです。

だから4人はいつも名字で呼びあい、互いの名前は忘れていたのです。

それでも不都合はなく、恋愛にもおちいることはない。

と思っていたのはえりだけ?

ある日の帰り、向かいのホームにいくみとそうたを見かけました。

おーいを手を振るものの、気が付く様子のない二人。

すると、どうやらいくみが泣いている!?

さらにキスする瞬間を見てしまい、えりの中にモヤモヤとする気持ちが芽生えてしまい…。

ここから崩れだす、名前を知らない人たちの関係性。

そして見てしまった決定的瞬間とは…?

大人になると名前より名字呼びが多くなりがち。

さらに話はするけど、意外に互いの事情を知らなかったり。

親しくしていると思っていても、相手はあなたのことを大切な友人と思っていないものなのかも。

人間関係ってむなしいもの、それが痛いほどわかってしまうのが「名前も呼ばないあのひとと」のおもしろさかも。

あなたは親友のことをどれくらい知っていますか?

>>【電子コミック】名前も呼ばないあのひとと|漫画配信サイトはコチラ!<<
*配信サイト案内ページにとびます

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

↓応援クリック感謝です!↓

オススメ人気記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM