<善悪の屑>あらすじ|スマホ漫画ダウンロード

6
渡邊ダイスケ作「善悪の屑」は、2014年から2016年まで「ヤングキング」にて連載されました。

「復讐屋」を営む主人公たちが、犯罪被害にあった被害者の遺族や関係者の無念を晴らすべく、非合法な手段をもって復讐を遂行していくストーリーです。

現在では続編となる「外道の歌」が同じく「ヤングキング」にて連載されています。

社会のクズに復讐を…!
善悪の屑
作者:渡邊ダイスケ


(あらすじ)
街中にある小さな本屋「カモメ古書店」

そこへ一人の女が訪ねてきた。

彼女は一冊の本を手にすると店員に値段を尋ねる。

すると店員の男は彼女にいくら出せるの、と逆に問いかけたのだ。

目をそらしつつも給料の三ヶ月分、と答えた女を店員は奥の部屋へと案内した。

そこは普通の今のような畳敷き部屋で、若い男が雑誌を読みながらくつろいでいた。

若い男は女の姿を見ると依頼人かとつぶやき、いそいそと周りを片付け始める。

笑顔で招き入れた彼を、店員の男はただの居候だと女に紹介した。

その紹介にカチンときたのか「相棒」だと食ってかかる男。

だが店員の男は彼に店番を任せて追い出そうとする。

それでも食い下がる男。

こんなサビれた店に客なんか来ないと断言し、結局は彼も一緒に女の話を聞くことに…

二人の前で彼女は7年前の事件のことを話しだした。

自分の大切な息子を奪われた事件のことを…

(登場キャラクター)
鴨ノ目 武
「カモメ古書店」の店主をしながら裏で復讐屋を営んでいる。
サングラスに坊主姿といかにも怖い見た目ながらも、依頼人のために心を尽くす一面がある。

島田 虎信
鴨ノ目からはトラと呼ばれ居候だと言われているが、彼としては相棒だと思っている。
関西弁で長髪姿、カッとなりやすい激情タイプ。
腕に仕込みナイフを装備しており、戦闘に使うことも多い。

依頼人の女
シングルマザーとして息子と二人暮らしをしていた。
宅配便を装った強盗に押し入られ、息子を殺される。
犯人が出所し、今も生きていることが許せなくて鴨ノ目の店を訪ねる。



依頼に来る人々の苦しみは本当に見ていて半端ないです。

殺された人、死に追いやられた人たちの追い詰められ具合は実に不愉快で、こんなの漫画でも見たくない!って思うくらい。

人の心情をえぐるのうまいな〜と変な感想が出てくるくらいのイヤラシさ抜群です。

だからこそ!カモたちの復讐が本当にスカッとする!!

彼らのやってることも本当に酷いし残酷なんですが、こいつらならやってよしと思えるから不思議なものです。

いや、本当はよくないんですよ。

犯罪だしね、もし家族が罪を犯していたとしてもこんなことされたら嫌ですよ。

そう考えたら復讐って連鎖なのかも…

ま、そんな難しい話はおいておいて。

世の中のクズをこれでもかってくらいに痛めつける、というか殺しちゃう…

そんな二人の最凶っぷりをとくとご覧下さい。

>>善悪の屑ネタバレはコチラ

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

↓応援クリック感謝です!↓

オススメ人気記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM