<曽根富美子傑作選 死母性の庭>漫画あらすじ|電子コミック無料試し読み

2
曽根富美子の漫画作品「曽根富美子傑作選 死母性の庭」は、でぶんか社のぶんか社コミック文庫から発売されています。

女性は皆、赤ちゃんが好きという固定概念をぶち壊す、赤ちゃんが産まれても母性が生まれない女性を主人公に幼児虐待について激し異描写と共に綴られた衝撃作。

何故、母親なのに虐待をしてしまうのかという心理がリアルに描かれています。

子供を産めば母性が生まれるわけじゃない
曽根富美子傑作選 死母性の庭
作者:曽根富美子


>>【曽根富美子傑作選 死母性の庭】電子コミック試し読みはコチラ
配信サイト:eBookJapan
試し読みは無料で読めます

(あらすじ)
主人公・瞭子は夫と1歳半になる息子の三人暮らし。

夫の前ではいい妻を演じる瞭子であったが、息子の厚と二人きりになるとその態度は一変する。

瞭子は日常的に厚に虐待をしていたのであった。

30時間を超える難産の末、隆を出産した瞭子はやっと生まれた我が子を見て驚愕した。

吸引によって長細く伸びてしまった頭が他の赤ちゃんとあまりに違いすぎ、元に戻ると言う助産師の言葉を聞いても信じられない瞭子。

その後も授乳の仕方を注意されても距離は30cmと書いてあったなど、知識に頼った育児をしていく。

母性は赤ちゃんが生まれるものと思っていた、しかし瞭子の場合はそうではなかったようだ。

母乳を嫌がりミルクを欲する厚に腹を立てる瞭子。

夜泣きもひどく思い通りにならない息子に彼女は我慢ができなくなった。

初めのうちは飼い犬を傘で殴って気を紛らわしていたが、犬が逃げ出すとその矛先は厚に向く。

トイレの水に顔を押し付けて暴行したりは日常茶飯事。

それでもママと呼ぶ息子を吹っ飛ばす。

夫は仕事が忙しく、中々家では過ごせない。

夜は帰ってくるものの、その時は瞭子も落ち着いているので虐待には気づかないでいた。

そして、ついに限界を超えて厚は入院する事件が発生する…

(登場キャラクター)
瞭子
元々は会計事務所でバリバリと働いていたが、出産を期に専業主婦になる。
おっぱいが張って苦しいのに飲んでくれない厚にイライラする日々。
それ以外にも食事を上手く食べれない、言葉が通じないことに苛立ち我慢ができない。
周りの母親達もどうせ、虐待しているに違いないと考えている。


瞭子の夫で研究所でコンピューター技師をしており、仕事が忙しくて土日も休めない日々を送っている。
優しく家族思いのお父さん。
瞭子が虐待をしているなど夢にも思っておらず、彼女の言うことを鵜呑みにしてしまう。


瞭子の息子で1歳6ヶ月。
母親に虐待をされているせいか、泣き虫で情緒不安定になっている。

>>【曽根富美子傑作選 死母性の庭】電子コミック試し読みはコチラ
配信サイト:eBookJapan
試し読みは無料で読めます

子供がいる人にとっては本当に胸が苦しくなるような漫画だと思います。

しかし、育児をしたことがある人こそ瞭子の気持ちも少しは分かるのではないでしょうか?

赤ちゃんは思い通りにならないことばかり。

うまくいかなくてつい、イライラしてしまうこともあります。

特に今は周りに相談できず虐待に走ってしまう人も多いというニュースをよく見かけます。

これは特別な話ではなく、誰にでも起こりうる話なのです。

ふとした時に手を挙げてしまい、それが日常的になって感覚がマヒしてしまう。

だからこそ、この作品を読んで考えてください。

赤ちゃんは一人では生きていけないのです。

誰かが手を貸してあげないとすぐに死んでしまうような弱い生き物です。

そのことをよくよく胸において育児をしてほしい、そんなことを伝えてくれるのがこの漫画ではないでしょうか。

>>【曽根富美子傑作選 死母性の庭】電子コミック試し読みはコチラ
配信サイト:eBookJapan
試し読みは無料で読めます

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

↓応援クリック感謝です!↓

オススメ人気記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM