<ウラノルマ>漫画あらすじ|電子コミック無料試し読み

0
    「ウラノルマ」は、坂本修一・作で2008年に青泉社から「GAコミックス」レーベルとして発売されました。

    この作品は実際に1997年に渋谷で起きた事件「東電OL殺人事件」がモチーフになっており、主人公が自分に裏ノルマを課す理由もかなり異質です。

    アレンジはされているものの、未解決となっている事件とかぶるところと多くてリアリティーがあり、読み応え抜群です。

    作者の坂本修一は青年漫画を多く手がけてきた漫画家ということもあり、この作品も綺麗な絵柄とは裏腹にエロやグロいシーンが多く登場します。

    ちょっとハードな部分もありますが、怖いもの見たさで引き込まれてしまう作品です。

    完璧であるが故に自分にノルマを課す女
    ウラノルマ
    作者:坂辺周一
    (単行本1巻-3巻)


    >>電子コミックはコチラから(スマホ対応)
    *「ウラノルマ」で検索してください

    (あらすじ)
    主人公の国枝あおいはバリバリのキャリアウーマンである。

    高学歴で誰もがうらやむような美貌の持ち主。

    仕事もでき、それを鼻にかけるようなこともなく、部下からも慕われている。

    その上、浮いた噂も全くなくレズビアンではないかという噂が立つくらいの完璧な女。

    そんな彼女には誰にも言えない秘密があった。

    昼は会社でバリバリ働く彼女は、仕事が終わると別人に変装しまたバリバリと働くのであった。

    男性の相手をする夜の仕事を…。

    (登場キャラクター)
    国枝あおい
    学歴、美貌、人脈など、すべてを兼ね備えた完璧な女性。
    父親のことを尊敬していて、父の言うことは絶対だと思っている。
    しかし、幼少の頃に父に言われた言葉がきっかけで段々と心のバランスを崩していく。
    そして会社が終わると変装し、安いお金で自分の体を売るようになる。
    昼の仕事中に偶然、夜のお客さんに出会い誤って殺してしまう。

    あおいの母
    娘思いの優しい母親。
    父が隠していることは何も知らず、疑ってもいない。

    あおいの父
    厳格で傲慢な性格の持ち主。
    家庭教師にラブレターを書いたあおいを娼婦のような女だと罵るような偏った考えの持ち主。
    妻には内緒で愛人も作っている。
    かなりの資産家で業界内に顔が利く。



    あおいは父親のせいと元からの性格?もあってか、家庭環境は恵まれているのですが幼少の頃から随分と苦労してきたようです。

    そのために自分を汚い女だと思い込み、ノルマを課すような生活をしていくことに。

    もう、精神的におかしくなってしまっているんですね。

    どこかで歯止めをかけてくれる人がいればよかったのでしょうが、可哀想な人です。

    エッチなシーンが多めの作品ですが、興奮というよりは心を削られるようなシーンなので中々ハードな作品です。

    また、1話で人を殺してしまったあおいがその罪のせいだけではなく、妬みから仕事場でも追い詰められていくことになり、なんだか見ているだけで胃が痛くなるような思いに…

    たった3巻なのですが、読み終わる頃にはもっと長い作品だったような読み応えがあります。

    人間の心の闇を覗いていみたい、そんな怖いもの見たさな感情にかられた時には是非オススメしたい一冊です。

    >>電子コミックはコチラから(スマホ対応)
    *「ウラノルマ」で検索してください

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    ↓応援クリック感謝です!↓

    オススメ人気記事

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM