<愚者の皮>漫画あらすじ|電子コミック無料試し読み

1
「愚者の皮」は、草野誼・作で「本当にあった主婦の体験」にて2014年に連載されました。

草野誼はレディースコミックのマンガ家としては珍しい男性で、女性漫画家とは一風違った視点で描かれる作品が注目されています。

淡く優しい色合いの表紙とは裏腹に、内容はとにかくドロドロとした濃ゆ〜い恐怖の漂う物語となっています。 

美しく優しい女が醜い復讐者に変わる時…
愚者の皮
作者:草野誼
(単行本上巻・下巻)


>>愚者の皮|漫画あらすじ

(あらすじ)
主人公・白河あよは若くて美しい女性です。

夫は一流企業に勤めるエリートサラリーマンで、更には赤ちゃんを授かり幸せの絶頂に。

しかし、そんな彼女に不幸が訪れます。

突然の交通事故にあい、お腹の赤ちゃんは流産し美しい顔の半分も醜く傷ついてしまったのです。

初めはあよの無事を喜んだ夫の英馬でしたが、彼女の顔が醜くなったことを知ってから態度が一変。

冷たく別人のようになった夫に戸惑うあよ。

夫の気持ちを取り戻すべく、整形手術を受けるあよでしたが失敗に終わり、更に醜く化物のような顔になってしまいました。

そんな妻の顔を見て嘔吐する英馬、そして二人は離婚へ…。

夫にも逃げられ、自慢の美しさも失ったあよに残されたのは、ガランとした二人の家とボランティア先で知り合ったおばあさんから受け継いだ大金だけでした。

英馬に復讐を誓うあよ。

そこから、壮絶なあよの戦いが始まっていくのでした。

(登場キャラクター)
白河 あよ
誰にでも分け隔てなく接することができ、誰もが羨むような理想の女性。
顔が醜くなり、英馬と離婚してからはストーカーのように執拗に彼をつけ回す恐ろしい女性に変わってしまう。
それでも本人としては英馬への愛は変わらないつもり。

白河 英馬 
あよを愛していたが、それは彼女の顔が好きなだけであった。
離婚してからは様々な職を転々とするが、もとから能力の高いのでどこでもそれなりに成功していく。

螢神 土子
白河家のご近所さん連中のボス的な存在。
見た目も心も不細工で、醜くなったあよに嫌がらせをしていく。



幸せの絶頂から不幸のどん底に叩き落とされたあよ。

しかも、夫は自分の顔しか愛してなかったなんて可哀想すぎます。

英馬も最初の頃は本当にあよのことが好きなんだな〜と思っていたのに、手を平を返すような態度とはこのこと。

見事な裏切りです。

そんなあよに対する螢神さんの嫌がらせがまた酷すぎてもう…見てられません。

その後のあよのやることは決して褒められる事ではないのですが、ちょっと応援したくなってしまうかも。

でも、彼女の奇行の数々は恐ろしく粘着質で、本当にあったらと思うと怖すぎなものばかり。

やっぱり応援は無理かな…。

結局は復縁するあよと英馬ですが、最後の最後にとんでもないどんでん返しも待っていたりとどこまでもびっくりさせられます。

掲載誌が「本当にあった主婦の体験」なので、どこまで本当の体験なのか気になるところです。

>>愚者の皮ネタバレはコチラ

>>愚者の皮〜チガヤ編はこちら

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

↓応援クリック感謝です!↓

オススメ人気記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM