<いつかティファニーで朝食を>漫画あらすじ|電子コミック無料試し読み

0
    「いつかティファニーで朝食を」は、カフェに築地においしい朝食を求めてさまよう「朝食女子」達の姿を描いた新感覚のグルメ漫画です。

    マキチヒロ原作で2012年から月間コミック@バンチで連載されている本作品は、出てくるお店はくしんぼうの作者が実際に食べ歩いて取材しています。

    料理の表現がとにかく美味しそうで、よだれを我慢しながら読むこと必死な一冊です。

    いつかティファニーで朝食を
    作者:マキチヒロ
    (単行本1巻-6巻)


    >>電子コミックはコチラから(スマホ対応)
    *「いつかティファニーで朝食を」で検索してください

    (あらすじ)
    主人公・佐藤麻里子は東京で働きながら編集者の彼氏、創太郎年と同棲生活を送ること7年。

    互いの生活はすれ違い、中々一緒にご飯を食べることもままならない状態に。

    我慢をし続けるのも愛情の内と思っていた麻里子だったがある時、自分の気持ちに逆らわずに生きようと思いひとり暮らしの家を探す。

    久々に友達に会って相談をしようと考えるものの皆、夜は忙しく集まることができない。

    そこで麻里子は思い切って友人たちをカフェの朝食に誘うことに。

    早朝のカフェで集まりそれぞれ朝食を頼む女子4人は生活はバラバラで、それぞれ悩みや問題も抱えている。

    しかし、運ばれてきた朝食を食べた途端、あまりの美味しさに悩みを忘れて夢中になる女子たち。

    おいしい朝食を食べる喜びに改めて気づいた麻里子は創太郎の家を出て、理想の朝食探しの旅に出るのであった。

    (登場キャラクター)
    佐藤麻里子
    東京で彼氏と同棲しながら働く女性。
    実家では「目が美味しいと嬉しいでしょ」と毎朝、母が食卓いっぱいの朝食を並べてくれていた。
    その経験から自分も朝食はしっかり食べたい派で同棲を始める際、彼氏に朝食は必ず一緒に食べて欲しいと伝えていた。
    しかし、理想の同棲生活は叶わず、自分の気持ちに正直になるため家を出て一人暮らしを始める。

    吉田創太郎
    出版社の営業部員で麻里子の同棲相手。
    毎日、不規則な生活を送っており、食事にはあまりこだわりがない。
    麻里子のことが大好き。

    阿久津典子
    麻里子の友達でBARの雇われ店長をしている。
    お客と朝まで飲むこともあるが、気楽な生活だと気に入っている。
    お客の中にはパトロンが複数いるらしく、のんびりした性格だが要領のいい女性。

    那須栞
    麻里子の友達で子持ちの主婦。
    毎朝、幼稚園と保育園に子供を送り出し、忙しい毎日を送っている。

    新井里沙
    麻里子の友達でヨガインストラクターをしている女性。
    教え子のほとんどが女性の為、出会いがないのが悩み。



    朝食と言われるとついつい、簡単なもので済ませたり食べなかったりしがちですが朝から充実のご飯を食べて心も体もエネルギー満タンになれば充実の一日がスタートできます。

    グルメ漫画は色々ありますが、朝食に焦点を当てた作品は珍しいですよね。

    麻里子にフラレた元彼・創太郎が地方グルメとの出会いを求めるスピンオフ作品「創太郎の出張ぼっちめし」も出版されていますので、合わせて読んでみるのもオススメです。

    >>電子コミックはコチラから(スマホ対応)
    *「いつかティファニーで朝食を」で検索してください

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    ↓応援クリック感謝です!↓

    オススメ人気記事

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM