<僕だけがいない街>漫画あらすじ|電子コミック無料試し読み

0
    三部けい原作「僕だけがいない街」は、2012年から「ヤングエース」にて連載されています。

    「このマンガがすごい!2014」のオトコ編では15位、「マンガ大賞2014」では2位を獲得するなど漫画好きから高い評価を獲得している作品です。

    2016年1月からはフジテレビ系列でテレビアニメ化され、2016年3月には主演・藤原竜也にて実写映画化されました。

    「リバイバル」という過去に戻れる能力を持つ主人公が、現代で起きたある事件の日から18年前の少年時代に戻り、未来を変えようと奮闘する姿を描いた作品です。

    一見、何の関係もないように思えた過去と未来。

    しかし、そこにはある一人の人物が関わっていて…!?

    18年前の不幸を変えてみせる!
    僕だけがいない街
    作者:三部けい


    >>【僕だけがいない街】電子コミック試し読みはコチラ
    配信サイト:コミックシーモア
    試し読みは無料で読めます

    (あらすじ)
    売れないマンガ家としてくすぶりつつ、ピザ屋のバイトで生計を立てている悟には人にはない能力があった。

    それは「リバイバル」

    自分の意思とは無関係に突然、少し前の過去に戻されてしまうのだ。

    その理由は何か悪いことが起こるから。

    悪いことが起こる前にその原因を取り除くことが悟に課せられた使命のように、いつもリバイバルは彼を過去へと引き戻す。

    回避したところで得することなどなく、むしろ迷惑なことばかり。

    そんなリバイバルの能力を悟は少々、疎ましくさえ思っていた。

    ある日、バイトの配達中にリバイバルに巻き込まれた悟は交通事故にあってしまう。

    そのまま意識を失くし、病院に担ぎこまれた彼の面倒を見てくれたのは同じバイト先の愛梨だった。

    これをきっかけに彼女と親しくなった悟。

    そして北海道に住む母親の佐知子も怪我を心配して上京し、悟の周りはいつもより少し賑やかになる。

    平和な日々が続いていたある日、悟は再びリバイバルに襲われる

    一緒にいた佐知子にも違和感を探して欲しいと頼み、彼女は少女を誘拐しそうな男を発見する。

    が、その男は少女をその場に残して立ち去ってしまった。

    一連の光景から佐知子は以前、身近で起きた誘拐殺人事件を思い出す。

    持ち前の洞察力と勘の鋭さから、二つの事件の関連性を感じ取るのであった。

    だが、それを誰かに伝えようとしていた最中、彼女は何者かに殺害されてしまう。

    その上、悟が犯人として疑われ逃走することに…!

    ここで捕まるわけにはいかない!

    強く思う悟の気持ちはリバイバルを引き寄せ、彼は18年前の過去へと戻されたのだ。

    未来を変えるには、過去で起きた誘拐殺人事件が鍵を握っていると確信した悟。

    彼は母を、そして過去の友人たちを救うことができるのか…

    (登場キャラクター)
    藤沼 悟
    都会に一人暮らしをする29歳の漫画家。
    世間を冷めた目で見ていることが多く、人付き合いも得意ではない。
    母親の前では感情を顕にすることがある。

    藤沼 佐知子
    悟の母で元アナウンサー。
    外見は29歳の母親とは思えないほど若く見える。
    人並み外れた洞察力を持ち悟からは心の中で妖怪と呼ばれている。

    片桐 愛梨
    17歳の女子高生で写真家の夢を追いかけている。
    純粋で明るく、人見知りしない性格。
    悟の良き理解者で力になってくれる人物。



    今までリバイバルで戻る過去はほんの数分前の世界。

    ところが今度のリバイバルで悟が戻されたのは18年前、彼は小学生の時代です。

    これは運命のいたずらか、はたまた何かを成し遂げろという神の意思なのか!?

    自分の、母親の、そして同級生の命を救うために悟は奔走していきます。

    過去と未来を繋ぐ誘拐殺人事件の犯人とは一体?

    その事実が明るみに出た時、あなたはきっと驚愕することでしょう…

    >>僕だけがいない街ネタバレ

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    <文豪ストレイドッグス>あらすじ|スマホ漫画試し読み

    2
    原作・朝霧カフカ、作画・春河35の「文豪ストレイドッグス」は、2013年からヤングエースで連載されています。

    日本の有名な文豪達がキャラクター化されており、それぞれが特殊能力を持っているという設定のバトルアクション漫画です。

    能力名にはそれぞれの文豪の作品やエピソードに由来したものが使われています。

    全国書店員が選ぶおすすめコミックス2014では第11位に選ばれるなど、ぜひチェックしておきたい作品です。

    2014年4月からは小説版も刊行されているので、次はアニメ化も期待したいですね。

    文豪ストレイドッグス
    原作:朝霧カフカ/作画:春河35
    (単行本1巻-7巻)


    >>電子コミックはコチラから(スマホ対応)
    *「文豪ストレイドッグス」で検索してください

    (あらすじ)
    孤児院を追い出され、行くあてのない少年・中島敦は川で溺れていた太宰治を助ける。

    助けたお礼に淳はお茶づけをご馳走してもらうことになり、太宰の仕事についての話を聞く。

    太宰たちが荒事専門の武装探偵社に属していることを聞き、今は人食い虎を探していることが分かった敦は自分がその虎に追われていることを話す。

    虎探しに協力することになった敦は囮になって虎をおびき寄せる作戦に出るのだが…。

    (登場人物)
    中島敦
    18歳の少年で孤児院を追い出され、人食い虎に追われている。
    太宰を助けたことをきっかけに武装探偵社の面々の人食い虎探しに協力することになる。

    太宰治
    武装探偵社の一員で自殺マニアであり、いつもどうやったら死ねるかを模索しているが失敗する。
    いつもフラフラとどこかに行くので、同僚の国木田に怒られている。
    実は頭がキレるかなりの実力者である。

    国木田独歩
    武装探偵社の一員で、真面目で几帳面な性格の持ち主。
    予定を狂わされることを嫌うが、マイペースな太宰にはいつも振り回されている。

    福沢諭吉
    武装探偵社の社長で普段はあまり多くを語らないタイプ。
    くせ者ぞろいの武装探偵社の面々をまとめる謎の多い人物。

    芥川龍之介
    ポート・マフィアと呼ばれる犯罪組織の一員であり、特殊能力者。
    武装探偵社の面々でも簡単には太刀打ちできない強力な力の持ち主で冷酷非道な人物。



    一度は耳にしたことがあるような有名文豪たちが個性豊かなキャラクターとなって登場します。

    文豪好きはもちろん、あまり詳しくない人も楽しめる漫画です。

    特殊能力はそれぞれ特徴的なもので、それらを駆使しするバトルシーンは迫力満点!

    武装探偵社とポート・マフィアの戦いに巻き込まれていく中島敦。

    初めは謎だらけですが、登場人物達の過去などが段々と解き明かされていく内に真実が見えてきて、読み始めると早く続きが読みたくなってしまいますよ。

    >>電子コミックはコチラから(スマホ対応)
    *「文豪ストレイドッグス」で検索してください

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    ↓応援クリック感謝です!↓

    オススメ人気記事

    相互リンク募集中!

    ビットコインウォレット

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM