<スキマスキ>漫画あらすじ|スマホ電子コミック試し読み

0
    松山ケンイチ・主演で映画化された「うさぎドロップ」でも有名な宇仁田ゆみが送り出す、異色の作品「スキマスキ」

    2015年には映画化され、主演は劇団EXILE所属でNHK連続テレビ小説「花子とアン」にも出演していた町田啓太と、ブルーリボン賞を受賞した経歴を持つ佐々木心音が務めました。



    この作品は2001年からビックコミックスピリッツ増刊IKKIで連載され、単行本は全1巻が発売されています。

    隙間を覗くことが趣味で、その隙間に見えるものから色々な想像を膨らませていく男性のお話です。

    スキマスキ
    作者:宇仁田ゆみ
    (単行本全1巻)


    >>電子コミックはコチラから(スマホ対応)
    *「スキマスキ」で検索してください

    (あらすじ)
    主人公・ヘイサクはスキマを覗くのが趣味。

    まっとうなことではないのは分かっている為、人には言わずこっそり覗く。

    最初はスキマに捨てられていた物を覗き、そこにあるゴミから捨てた人間のやましい気持ちを想像して楽しんでした。

    しかし、次第にスキマの先の世界に興味を持ちだし、先に見える少ない情報から隠された謎の部分を想像して楽しんでいくようになる。

    そんなヘイサクが一番気になっているスキマは、自分の部屋から見える隣の女の子の部屋であった。

    ちょっとだらしない彼女の部屋はカーテンがいつも少しだけ開いている。

    そのスキマから見える彼女の様子から、どんな女の子なのかを想像するのが今のヘイサクの楽しみであった。

    しかし、彼は気づいていなかった。

    自分が覗けるということは、相手からも見えているということに。

    (登場キャラクター)
    ヘイサク
    昼間はバイトで働き、夜は大学の建築科に通う学生。
    友達もいるが、スキマの趣味は秘密にしている。
    実家暮らしで弟がいる。

    マサジ
    ヘイサクの大学のクラスメイトで昼間は大工をしている。
    背が高く、ドレットヘアでヘイサクとは一緒に飯を食う仲。

    キンタ
    マサジと同じく、ヘイサクの大学のクラスメイトで浪人していて一つ年上。
    昼間は健康食品の営業マンをしていて、いつも自社のサプリメントを飲んでいる。
    背が低く、おかっぱ頭。

    文緒
    ヘイサクの部屋の向かいに住んでいる女の子。
    ちょっとだらしなく、部屋のカーテンはいつも少し空いていてセクシーな格好で部屋の中で過ごす様が見えている。



    世の中には色々な趣味の人が存在しますが、スキマって…。

    と思いますが確かに興味深いかも。

    隠されたものが見たくなるのって人間の性ではないでしょうか。

    そんな性をくすぐってくる作品です。

    「スキマスキ」を読んだらきっと、いろいろな隙間が気になってしまいますよ。

    でも、あなたもそんな隙間から誰かに見られているのかも…。

    >>電子コミックはコチラから(スマホ対応)
    *「スキマスキ」で検索してください

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    ↓応援クリック感謝です!↓

    オススメ人気記事

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM