<銀色のハーモニー>あらすじ|電子マンガ無料試し読み iPhone漫画アプリ

5
柊あおい作の「銀色のハーモニー」は、1990年2月〜1992年9月まで
「りぼん」で掲載されたピアノ漫画です。
コミックスは全7巻で番外編に「遥かなトロイメライ」があります。

作者交通事故による入院で1991年12月号で連載が一度中断し、
4ヵ月休載後に1992年5月から連載が再開されました。
シューマンの「トロイメライ」やショパンの「英雄ポロネーズ」などがポイントとなる
表現となっています。

213ME6XFB7L__SL160_.jpg

>>電子コミックはコチラから(スマホ対応)
*「銀色のハーモニー」で検索してください

(あらすじ)
内気な性格の結城琴子は、親友の鈴子が担任や先輩に片思いするたびに恋愛相談に乗ったり、
秀才の研一に試験を教えてもらう毎日。
そんなある日、ピアノ曲「トロイメライ」にひかれて霧島海と出会い、
海と話をするうちに彼に「恋」をしてしまう。
ライバルも登場する中、ある日叔父の家で見つけた少女の写真から、
叔父と海の母親詩史がかつてつきあっていたこと、海の父親との関係に気づく。

(登場人物)
結城 琴子
本作品の主人公で、内気で極度の運動オンチな中学2年生。
榊の指導をうけ、子どもの時にあきらめた2度目のピアノのレッスンをスタートする。

霧島 海
ピアノが上手な少年でサッカー部にも所属する文武両道。
研一と親しく、中学卒業後は県外の高校の音楽科に進学。

小池 鈴子
琴子の親友で同級生。
担任の矢野先生が好きだったが、その後に奏一が好きになる。

神崎 研一
海と同じクラスでテニス部に所属、秀才で海に勉強を教えていた。
鈴子のことが好き。

仁科 響子
琴子をライバル視する強気な性格。
“自称海のガールフレンド。”

琴子と海の恋バナに、過去の恋バナが混ざり合いながら、それぞれのハーモニーが響きます。
スマホ対応のWEBコミックサイトで続きを読んでくださいね。

>>電子コミックはコチラから(スマホ対応)
*「銀色のハーモニー」で検索してください

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

↓応援クリック感謝です!↓

オススメ人気記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM