<さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ>漫画あらすじ|電子コミック無料試し読み

2
永田カビ・作の「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」は2016年6月にイースト・プレスより書籍が発売されました。

2015年7月に「pixiv」に投稿され、作者の半生についてやレズ風俗に行くキッカケなどが赤裸々に語られています。

主人公の経験や心境を語る形式でストーリーは進行していきますが、彼女は決して興味本位でレズ風俗を利用したわけではありません。

そこへ至るまで、そして彼女がレズ風俗を利用して変わった事など色々な想いが詰まっています。

風俗の体験談?いいえ…マジメな話です
さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ
作者:永田カビ


>>【スマホ漫画】さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ|漫画配信サイト詳しくはコチラ!<<
*配信サイト案内ページにとびます

(あらすじ)
高校を卒業した主人公は大学に進学するも、たった半年で退学してしまう。

そのままやりたい事もないままダラダラと過ごしており、気が付くと鬱と摂食障害を併発してしまった。

さらに自分が何かに所属していない不安に耐えられなくなり、慌ててバイトを探しコンビニで週6で働く。

幸いにも職場では仲間に恵まれ心が満たされて全てがうまくいく、そう思っていたのだが…?

心身ともに弱っていく主人公は自分の意思とは裏腹に遅刻早退欠勤を繰り返す。

最初は優しかった職場の人たちも次第に彼女を見限り始め、最後には自分の力では出勤できなくなってクビになった。

ボロボロになった主人公は病院にかかり、しばらく休むと母親に宣言すると思いもよらぬ言葉をかけられてしまう。

「今までずっと休んでたんやと思ってた」

家族からの何気ない否定は主人公を苦しめ、死を考えるまでに追い詰めるが他に行く場所が思い当たらない。

死ぬことだけを考える毎日の中で彼女は決心する。

ダメ元で立ち直るべくあがいてから死んでやる、と…

考え抜いた結果、自分を大切にしていないことに気がついた主人公は自分の気持ちが知りたいと思うようになる。

その中でも親などに隠しておきたいこと、恥ずかしいこと、びっくりするようなこと。

こうして思い当たったのだ性的なことだった。

今まで考えるのもダメだと思っていた事に思い切って向き合うことにした主人公。

だが、男性には興味がなかった彼女はレズ風俗について検索してみることにして…!?

(登場キャラクター)
主人公
作者自身で女性。
身長167cmで拒食時の体重は38kg。
家族の評価を絶対だと思い込んでおり、親から認められたいと奮闘していた。

作者の家族
父、母、祖母の三人。
作者の病気とは向き合ってくれず、仕事は正規雇用でなければいけないという決めつけがある。



なに!レズ風俗だって!!

そんな興味本位で本作「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」を手に取った人は初めから衝撃を受けることでしょう…

なぜなら作者は鬱と摂食障害で10年苦しんでいた、なんて告白からのスタートなんですから。

内容は重めですが、表現も絵柄もポップなので読み進めるのが苦痛なんてことはきっと無いはず。

サクサクと読める反面、作者の気持ちがダイレクトに伝わって来るような作品です。

家族からの期待、自分の気持ちと反する身体、何がいけないのか分からない葛藤。

誰もが一度は経験したことのあるような悩みで自傷行為をするまでに追い詰められた作者ですが、レズ風俗の扉を叩いたことで少し人生が開けました。

ほっこり、しんみり、ハラハラと色んな感情に振り回された作者の人生をどうぞご覧下さい。

>>【スマホ漫画】さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ|漫画配信サイト詳しくはコチラ!<<
*配信サイト案内ページにとびます

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

↓応援クリック感謝です!↓

オススメ人気記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM