<一の食卓>漫画あらすじ・登場キャラクター紹介

1
一の食卓は樹なつみ・作で2014年からメロディにて連載されています。

舞台は明治初期、幕府が倒れ共に死ぬ運命よりも生きることを選んだ元・新撰組の斎藤一がなんと!パンを作るというなんとも意外なお話です。

他の元・新撰組の面々も登場するので幕末好きには外せない一冊ではないでしょうか!?

明治維新後を描いた異色のグルメ漫画
一の食卓
作者:樹なつみ


(あらすじ)
時は幕末、維新政府と幕府が最終決戦を繰り広げている真っ只中。

新選組は追い詰められ、敗戦は濃厚であった。

もう、こうなったら一人でも多くの敵を道連れにして死ぬしかない…

それが恩義に報いる道と決意を固める隊士たち。

しかし、隊長である斎藤一の考えは違っていた。

もう、負けは決まっている。

ならば生きろ、そのために最後まで目の前の敵を切り倒せ、と…

そして、時代は変わり明治。

斎藤一は藤田五郎と名を変え、ひょんなことから築地の外国人居留地にあるパン屋「フェリ舎」で働くこととなるのだった。

(登場キャラクター)
藤田五郎
元・新選組の斎藤一。
明治になっても侍としての迫力は健在。

西塔明
戦争孤児の女の子で、洋食を広めるためにフランスから来ているフェリックスさんの店で働く。
パンを作っているが、日本人には馴染みがなくて中々受け入れられない。
初めて自分の作ったパンを完食してくれたのが藤田であった。

フェリックス
築地の外国人居留地でパン屋「フェリ舎」を経営している。
フェリ舎を後押ししているのは岩倉卿で、彼によって藤田は店にやってきた。



樹なつみといえば時代物には定評がある漫画家なので、こちらの作品にも期待が高まります。

新撰組が出てくる作品と言えば、どうしてもアクション作品が思い浮かびますがまさかのグルメ漫画!

いきなり意表をつかれますね。

でも、斎藤一の心意気は武士のまま残されており、その男気っぷりはかっこいいの一言です。

歴史モノが好きな方は是非、押さえておいて頂きたい作品です。

歴史には興味がない…、という方は気楽に読んで頂けても十分楽しめます。

新撰組仲間の原田佐之助も登場するようで、さらに展開はヒートアップしていきそうですね!

果たして明のパンは日本人に受け入れられていくのでしょうか!?

先がとっても気になる作品です!

JKメスブタ文化祭

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

↓応援クリック感謝です!↓

オススメ人気記事

相互リンク募集中!

ビットコインウォレット

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM