<聖☆おにいさん>漫画あらすじ|電子コミック無料試し読み

0
    【PR】お年玉でお姉ちゃんを買ってみた

    「聖☆おにいさん」は中村光・作で2006年からモーニング・ツーにて連載されています。

    数々の賞に輝いており、2009年には「このマンガがすごい!2009」オトコ編で1位を獲得し、同年に手塚治虫文化賞の短編賞を受賞しています。

    また、2013年にはアニメ映画化も果たしており、イエスを森山未來が、ブッタを星野源がそれぞれ声優をつとめました。

    仏教やキリスト教をはじめとした様々な神様が登場しますが、威厳などはほとんどなくゆるく下界でのバカンスを楽しむキリストとブッタを中心にギャグテイストで構成された脱力系漫画です。

    ユルすぎ神様のほのぼのバカンス
    聖☆おにいさん
    作者:中村光


    >>電子コミックはコチラから(スマホ対応)
    *「聖おにいさん」で検索してください

    (あらすじ)
    ブッダとイエスは世紀末というひと仕事を終えて、TシャツGパン姿で東京都立川のボロアパートで暮らしながらバカンスを満喫している。

    地上に神様がいるとは思われていないようで、コンビニで買い物をするキリストに小学生に苛められるブッタ。

    そんな彼らは今日も楽しそうである。

    時には、るるぶ片手に電車でお出かけする二人。

    キリストが行ってみたかったという浅草寺を訪れることに。

    変なおみやげを買ったり、満員電車にもみくちゃにされたり、漫画喫茶に泊まってみたりと普通の学生みたいなキリストとブッタ。

    今日も彼らは何をするでもなく、バカンスを満喫する。

    時には下界の人達と絡み、時には天界の知り合いが訪ねてくることもある。

    そんなゆるい、幸せな時間が過ぎていくのであった。

    (登場キャラクター)
    キリスト
    ロン毛で髭面、痩せ身の青年。
    ノリがよく、浪費家でときめいた物は買ってしまう。
    近づいただけで病人の病気が治ってしまうという特技?がある。

    ブッタ
    頭は螺髪で硬いらしいが、パンチパーマにしか見えない。
    額のボタン?は押されるとめちゃくちゃ痛い。
    耳たぶが長く、酔っ払いにつり革に間違われることもある。
    お金には厳しく、必要ないものを買うキリストに怒りを覚え、激しく光ることも。
    しかし、必要であることが説明されるとすぐに納得する。
    手塚治虫の漫画「ブッタ」を読んで感激した。



    神様が多数出てきて宗教色はある意味すごく強い作品ですが、思想とか何も知らなくても楽しめるギャグマンガに仕上がっている作品です。

    むしろ、色々な宗教はごちゃまぜだしキャラクターが激しく崩壊しているものも多く真面目な方にはオススメできない作品です。

    ごく普通に生活しているだけなのに、神様の二人だと何故にこんなに面白いのか?

    と不思議な感覚にとらわれてきます。

    些細なことですごく喜んだり、凹んだりする二人を見ていると嫌なことや辛いことも少しの間、忘れられるような気がしてくる作品です。

    ちょっと肩の力を抜きたい時、ぜひお手に取ってみてください。

    クスッと笑えて楽になれること間違いなしの一冊です!!

    >>電子コミックはコチラから(スマホ対応)
    *「聖おにいさん」で検索してください

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    ↓応援クリック感謝です!↓

    オススメ人気記事

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM