<めしにしましょう>漫画あらすじ|とにかく旨いものを食べたい者よ、集え!限りなく破壊的なグルメ漫画降臨【無料試し読み】

1
「めしにしましょう」は小林銅蟲・作で、2016年から「イブニング」にて連載されています。

作者は現役漫画家アシスタントであり仕事中、実際に美味いメシを提供し続けている小林銅蟲さん。

彼が勤めているのは「累」でその名を知られる松浦だるま氏で、連載開始の際には松浦氏からのメッセージも寄せられました。

フィクションでありながらも限りなくノンフィクションに近いと評されるグルメ漫画のため、よだれを拭く準備をしつつご覧下さい。

めしにしましょう
作者:小林銅蟲


>>【スマホ漫画】めしにしましょう|漫画配信サイト詳しくはコチラ!<<
*配信サイト案内ページにとびます

(あらすじ)
漫画家の广 大脳子は追い詰められていた

締切はあさってに迫っているのに原稿は全く進んでいない

その上、疲れて三時間も爆睡してしまいアシスタントの青梅川おめがに頼む仕事もない

担当のガルシア太郎から状況を尋ねられるも、謝りつつ頑張りますとして答えられなかった

さらに彼女は睡眠をとったことでMPを消費しすぎ、これ以上は描く事ができない…

行き詰まった状況を打開するため、青梅川が言い放った一言は「めしにしましょう」!?

彼女が向かったのはキッチンではなく風呂場だ

そこに三時間ほど、ビニールに入れた牛モモ肉を沈めていた

この肉は芯まで火が通っているが中身は綺麗なピンク色で、表面を軽く焼けばローストビーフの出来上がり!

バターをたっぷりと入れたポテトピュレを付け合わせにして、豪華すぎるめしが完成し…

(登場キャラクター)
广 大脳子
連載を抱えるマンガ家だが、追い詰められないとやる気を出せないのが悪いクセ。
青梅川が料理を始めると現実逃避のために見学しに来る。

青梅川 おめが
广 のチーフアシスタントで、追い詰められた先生を見るのが好きというドSな一面も。
料理担当で大胆かつ、贅沢な料理を得意としている。

ガルシア太郎
广 の担当の編集者で、丁寧な態度とは裏腹に原稿の取立ては厳しい。



グルメ漫画は数あれど、ここまで脳と食欲を刺激する作品は見当たりません。

節約、手軽さ、栄養バランスなどは関係なし!

とにかく旨いもの、限界の体を奮い立たせてくれる料理がここには揃っています。

漫画家という厳しい職業だからこそ、体と心に栄養を与える必要があるのかもしれません。

「めしにしましょう」はフィクションでありつつ、登場する料理は実際に作者が手がけているものばかり。

だからリアリティが感じられ、さらに食欲を刺激してくるのかも。

バトルや恋ではない、胃袋への視覚的刺激を与えてみてはいかがでしょうか?

>>【スマホ漫画】めしにしましょう|漫画配信サイト詳しくはコチラ!<<
*配信サイト案内ページにとびます

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


| 1/436PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

↓応援クリック感謝です!↓

オススメ人気記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM