<お父さん、チビがいなくなりました>漫画あらすじ|電子コミック無料試し読み

0
    「お父さん、チビがいなくなりました」は西炯子・作で「増刊フラワーズ」にて連載されました。

    現在は完結し、全1巻が小学館より発行されています。

    始まりはOL菜穂子が両親についての語りであるものの、主人公はその両親。

    結婚44年にしてすれ違いから離婚を考えている熟年夫婦の隠された想いを描いた作品です。

    秘めた想いなんて口に出さないと…
    お父さん、チビがいなくなりました
    作者:西炯子


    >>【スマホ漫画】お父さん、チビがいなくなりました|試し読みはコチラ
    配信サイト:まんが王国
    *「お父さん、チビがいなくなりました」で検索してください

    (あらすじ)
    武井夫妻は東京都内の一軒家で子供を育て終わり、夫婦ふたりで静かに暮らしている。

    夫の勝は何をするにも妻に頼りっきり。

    そんな亭主関白の夫に文句を言いつつも、妻の有喜子は律儀に付き合っていた。

    二人で食事をしていても話をするのは有喜子の方ばかり。

    勝は黙って話を聞き、ごちそうさんだけ言って席を立つのであった。

    話し相手にもならない夫の代わりに、有喜子は猫のチビを大切にしていた。

    ある日の買い物中、有喜子は将棋会館にいる夫の姿を見かける。

    楽しそうな表情を浮かべる勝に思わず手を振る有喜子。

    だが、妻に気づかれたのが恥ずかしかったのか勝はすぐにそっぽを向いてしまった。

    手くらい振ってくれてもいいのに…

    寂しい気持ちを抱きつつその場を後にした有喜子。

    すると偶然に知り合いの小野夫婦に遭遇する。

    小野夫婦は二人で散歩ついでに買い物にきたようだ。

    仲が良さそうな様子がちょっと羨ましいなと思う有喜子。

    家に帰ると既に勝が帰ってきていて…

    (登場キャラクター)
    武井 勝
    無愛想で無口な70歳。
    将棋が趣味でその時だけは少し笑顔を見せる。

    武井 有喜子
    年をとっても天真爛漫、おしゃべり好きのおばあちゃん。
    話し相手は猫のチビで子供のように可愛がっている。

    武井 菜穂子
    37歳のOLで自立しているしっかり者。
    結婚の予定は無く、恋人に振られたばかり。



    本当はお互いを想い合っているくせに、それを言葉にしなが為にすれ違っていく武井夫妻。

    さらにいくつかの事件が二人の仲を険悪にし、有喜子の気持ちは離婚へと向かっていくのですが…。

    一巻完結でありながら起承転結の巧さは見事としか言いようがありません!

    恋を始めたばかりの人はもちろん、長年連れ添ったパートナーがいる人にもぜひ読んで頂きたい一冊です。

    ラストは分かっていても思わず涙が流れてしまう感動シーンが待っています。

    あなたも是非、大切な人を想いながら読んでみてください。

    >>【スマホ漫画】お父さん、チビがいなくなりました|試し読みはコチラ
    配信サイト:まんが王国
    *「お父さん、チビがいなくなりました」で検索してください

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ


    | 1/378PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728    
    << February 2017 >>

    ↓応援クリック感謝です!↓

    オススメ人気記事

    相互リンク募集中!

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM